林家つる子

林家 つる子

Tsuruko Hayashiya

落語家。高崎市出身。2010年9月1日、九代林家正蔵の元に落語家として弟子入りする。 2011年1月横浜にぎわい座「林家正蔵一門」にて初高座。演目は『みそ豆』。 2011年3月前座となり、各寄席で修行を重ねる。 2015年11月1日二ツ目昇進。2015年11月講談社主催のオーディション「ミスiD2016」にて、「I♡JAPAN賞」を受賞。2016年7月群馬県観光特使に任命。大学落研時代、「全日本学生落語選手権 策伝大賞」や「全国女性落語大会 ちりとてちん杯」など、落語の全国大会でいくつか賞を戴く。 大学4年時に就活をするが、落語への思いが断ち切れず、弟子入りすることを決め、九代林家正蔵の門を叩く。 現在、真打になることを夢見て日々修行中。

林家 つる子|一般社団法人 落語協会