絲山秋子

絲山 秋子

Akiko Itoyama

小説家。早稲田大学政治経済学部卒業後、住宅設備機器メーカーに入社し群馬県を含む各地に営業として赴任。2003年「イッツ・オンリー・トーク」が文學界新人賞を受賞、04年「袋小路の男」で川端賞、05年『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年「沖で待つ」で芥川賞、16年『薄情』で谷崎賞を受賞。著書に『ばかもの』『不愉快な本の続編』『忘れられたワルツ』『離陸』『小松とうさちゃん』『絲的サバイバル』『絲山秋子の街道(けぇど)を行ぐ』など。2005年より高崎在住。ラジオ高崎では、2015年秋より「絲山秋子のゴゼンサマ」を毎週金曜05:45〜放送中。

絲山秋子 -OfficialWebSite-