クリスマス特番 One from the Heart ≪TAKASAKI≫

ベストセラー作家・谷村志穂が、クリスマスイブの深夜に送るラジオ高崎オリジナル番組。著書にまつわるエピソードのほか、恋愛観や高崎のまちについてなど、さまざまなテーマで語りつくします。あなたからのメッセージにも谷村さんがお応えします。
お酒のグラスでも傾けながら、谷村DJ、相原DJの選曲をゆっくりとお楽しみください。もちろん、お酒なしでも楽しめますよ。

[放送] 2020年12月24日(木)24:00~25:59
[再放送] 2021年1月1日(金・祝) 14:30~16:29

[出演] 谷村志穂(作家)、相原透(MC、出版社勤務)

メッセージ募集
番組内で紹介するメッセージを募集します。テーマはフリーです。谷村志穂さんに、聞いてもらいたいこと、相談したいことなど、ぜひメール、アプリ、ハガキ、FAXで番組までお寄せください。メールで送るときは、番組名に「クリスマス特番」と入れてください。
あなたからのメッセージお待ちしています。
応募期間:11月30日(月)正午まで

▶︎ メールを送る
▶︎ フォームから送る

谷村志穂(たにむら しほ)
1962年10月29日北海道札幌市生まれ。北海道大学農学部にて応用動物学を専攻し、修了。
1990年ノンフィクション『結婚しないかもしれない症候群』(角川文庫)がベストセラーとなる。
1991年に処女小説『アクアリウムの鯨』(八曜社/角川文庫)を刊行し、自然、旅、性などの題材をモチーフに数々の長編・短編小説を執筆。 紀行、エッセイ、訳書なども手掛ける。
2003年北海道を舞台に描いた『海猫』(新潮社)が第10回島清恋愛文学賞を受賞。
代表作に『黒髪』(講談社)、『余命』(新潮社)、『尋ね人』(新潮社)、『移植医たち』(新潮社) など。
昨年は『セバット・ソング』(潮出版社)を出版、最新刊に「りん語録」(集英社)。
作家としての活動の傍ら豊富な取材実績を活かして旅番組などの出演も多数。

相原透(あいはら とおる)
1965年10月24日東京生まれ。大学卒業後、都内の書店勤務を経て、2015年より出版社に転職。
雑誌に書評、取材・原稿を多数寄稿。ラジオ高崎にてAir place「本の学校」、ring a bell「この一冊!この一曲」を担当。「本とラジオと映画とお酒とネコと珈琲」が好き。
好きな作家:池澤夏樹、沢木耕太郎、桜木紫乃、谷村志穂、小池真理子
好きな映画監督:岡本喜八、利重剛、森田芳光、長谷川和彦
好きな俳優:高橋和也、萩原健一

谷村志穂

相原透